大館市内に新築をご計画なら! 納得の価格とアフターサービスの未来創造ホームにお任せください!

TEL:0186-52-3393

ブログ

2017年

4月9日

建ててからでは遅い、失敗事例!

北国秋田でも特に大館の地域は冬になると雪の問題が発生します。

屋根の雪が降りて隣の壁や窓に損害を与えることもあります。

当社のお客様は、屋根の雪が下りないように雪止めを付けておりましたが、

雪が積もりついに降りてしまいました、そして隣の車に直撃、自分の屋根の雪止めも耐えられずに

一部屋根のトタンを剥ぐようにおりました。

それで当社に依頼が来て修繕に行きましたが、築15年ぐらいだと思いますが大丈夫と思っていても

気が付かずついに・・・

このような例から建てる前には屋根の形状や向きに注意が必要になります。

デザインも大事ですが、そればかりではだめです。

むしろ形状よりも雪の事を優先して、考えたらよいと思います。

屋根の形状には、寄棟・切妻・片流れ・陸屋根・又は無落雪などありますが、

雪が降りる方向や人的被害の無いことが優先、天候がよくなったり気温が上がれば滑り落ちます。

また、2階の屋根の雪が1階の屋根に落ちる形状では、雪が多い時などに1階のやねにおちて、1階の屋根が壊れたりもします。

分譲地は狭飼ったりもしますので、建物位置が大事になります。

降った雪の捨て場も考えないといけません。

隣との境を越えて隣同士でも喧嘩になる事もあるようです。

大事なことは土地の広さにどの位置に建物を建てればよいのか充分けんとうがひつようです。



失敗事例2

今回も失敗事例をお送りいたします。

先日ある同業者の方とお話しする機会がありました。

銀行には不良債権がたくさんあるという話でした。

それは、家を建てたけれども途中で返済ができなくなり銀行に押さえられた物件のこと。

なぜそうなるのでしょうか?

それは、人生計画や資金計画をしっかりしないからでしょう。

借りられる金額と返す金額をしっかり検討しないまま進めてしまったことが原因。

借りられる金額に余裕を持たせていればよかったのではないでしょうか?

つまり、毎月の返済額を高く設定してしまった、または言いなりでどんどん高い仕様にしてしまった。

最初は意気込みで申し込んだのかもしれませんが、何かがあった時、お金が必要になった時、困りますよね。

高い返済をしてしまうと急にお金が必要になっても、借入できない状況になっているのでは・・・

収入の3割までが返済の限界です。

ほかに車のローンや、携帯のローン、カードによるショッピングや借入等があればどこでも貸してくれません。

人生の中にはいろんな出来事が待っております。

病気や事故、いつ何時降りかかって来るやもしれません。

余裕の持った家づくりを考えましょう。

近年は、離婚の比率も高いです。

もし夫婦で住宅ローンを組んでいたとすると、夫婦合算で銀行は多くの額を貸してくれますが、

もし、離婚になったらどうでしょう?

奥さんが私家も養育費もいらないからと離婚になったら、旦那様がローンを全部払うことになります。

どうでしょう?払えるでしょうか?

よく考えてください。

住まいに高価なものは必要ないと思います。(安くていい加減では困りますが)

家族みんな幸せに暮らせたらよいのではないでしょうか?

考え方かもしれませんが、人の理想は510年もすれば変わります。

もちろん家に対する理想も変わります。

余裕のできる家を建てて、余裕ができたら今度は理想を追うのもありと思います。

3000万の家も1000万の家も20年もすれば評価額がおりますよね、それを考えると目減り的に損をしない家はどちらでしょう?

建てたいと思った時がチャンスだと思いますよ!

当社ではローコストな住宅を提案しております。

いつでもお問い合わせください。

畠山でした